足立区の薬剤師求人

足立区の薬剤師さんの求人最新情報

足立区の区政は非常に特色があり、区民にとって有益なもののようです。例えば『区民モニターアンケート』は、政策経営部区政相談課が定期的に調査依頼をしてアンケートを取り、区民の意見や要望を聞いて今後の活動の参考にするために活用されています。

 

糖尿病や肥満が増加する現状に対し、区が率先して『食育』を呼びかけています。足立区の学校で出される給食がおいしいと言われるよう、ずばり『おいしい給食』を推進しているそうで、食いしん坊さんにはちょっとうらやましい事業ですね。

 

そして犯罪対策や街づくり、文化・芸術に関してもいろいろと進められ、『アダチン(足立区と犬の狆が名前の由来らしい)』なるゆるキャラが誕生し、動画サイトでそのキャラクターアニメが話題になるなど、足立区の行政はとても独創的なようです。

 

さらに足立区が恵まれているのは、人口に対して病院の数がとても多い事。それは東京で一番多いというくらい。足立区の人口は約69万人ですが、大型の病院が47病院あり、そのうち東京都指定二次救急医療機関が18病院あります。

 

一番人口の多い世田谷区が11病院と考えると、その充実ぶりには驚きです。そういった事情でしょうか、足立区で薬剤師の求人を探すと、他の地区よりも病院勤務の求人数が多いのです。

 

ちょっと気になる話があります。ご存知の通り薬学部は6年制になり、これから6年制を卒業した薬剤師が出て来ます。従来薬剤師の業務は調剤が重視されていましたが、薬学が6年制に移行してからは、臨床薬学を重視する動きが活発化すると予想されています。

 

実際に現在の薬学部では薬学部の学生が聴診器を持ち、血圧や脈を測る実習を行うところが増えています。そしてまだ実現するかは議論の途中ですが、もともと薬剤の専門家なのだから、医師と看護師にしか認められていない注射を薬剤師に認めようと言う声もあるのです。

 

薬剤師の数がそのうち飽和状態になるという懸念がずいぶん前から叫ばれていますが、これらが実現すれば薬剤師の活躍の場はさらに広がるでしょう。

 

来たる薬剤師過剰時代に備え、少しでもスキルアップ・薬剤師としてのキャリアを磨きたいと思う方は多いでしょう。自分が身につけたいスキル、就業に関する条件が希望通りの求人を見つけてくれる、夢のような話があればと思うことはありませんか?

 

夢ではありません、薬剤師専門の転職エージェントというものがあります。会員登録をすれば、コンサルタントが自分に合った求人を紹介してくれるのです。しかも無料で利用できるのですから、こんなおいしいシステムを使わない手はないでしょう。



東京の薬剤師求人サイトランキング!まずはここに登録してみよう!

マイナビ薬剤師

URL:http://pharma.mynavi.jp/ ※利用者の94%がサービスに満足




ヤクステ

URL:http://www.yakuzaishisyusyoku.net/ ※1年以内の離職率が1%未満




ヤクジョブ

URL:http://yaku-job.com/ ※業界最多級27,000件以上の求人