江東区の薬剤師求人

江東区の薬剤師さんの求人最新情報

江東区の人口は約45万人で、23区の中でも人口の多い地区です。そして病院数も17あることから、薬剤師を必要とする求人はまずあるでしょう。

 

江東区内で薬剤師が転職しようとした場合、求人内容にはどのような特徴があるのでしょうか?調べてみると、求人内容の大半は調剤薬局からの求人です。しかもそのほとんどが正社員での求人なので、転職活動するには比較的恵まれている地区と言えます。

 

また、パートでの求人も数があるので、「子供が学校に行っている間だけでも仕事がしたいわ」と言う人も、就業のチャンスは十分あります。

 

調剤薬局での勤務は、薬剤師にとって一般的な勤務先でしょう。薬局の中にも『基準薬局』と呼ばれる薬局があります。これは日本薬剤師会が定めた基準をクリアした保険薬局のことで、かかりつけ薬局の選択基準とされています。

 

同じ調剤薬局で働くなら、基準の高い薬局でレベルが高い仕事をしたい。そう考えるのは、ずっとこの先薬剤師として社会人としての人生を全うしたい、自身のレベルアップ・スキルアップを目指して転職をしたいと思う人なら当然のことではないでしょうか?

 

しかし、こんな志も転職に失敗してしまっては元も子もありません。例えば育児休暇が有名無実で取得実績も無く、もし子供が出来たら退職を余儀なくされるとか、面接した社長以下役員はいい人だったのに、実際の現場は人間関係が最悪で皆いつもピリピリしているなど、こういった失敗は少なからずあるようです。

 

そして今後問題となってくるのは「基準調剤加算」の改定でしょう。その内容は「薬局の開局時間が、明らかに特定の医療機関の診療時間に合わせている場合は基準外とする」というもので、薬局の門前にある医院と昼の休憩時間や閉局時間を合わせていた場合、今後その薬局には基準調剤加算が認められなくなります。

 

この改定で加算が取れなくなった薬局は経営が圧迫され、薬剤師の勤務条件が変更されるなどの影響が出ることが予想されます。最悪なのは、経営圧迫の結果昇給が止まったり、経営者が薬局を閉めてしまう事です。

 

「それじゃあ、どうやって安定経営している薬局の求人を探せばいいの?」と不安になる方もいるでしょう。それに個人では、求人を出している薬局の内情を調べることはかなり無理な事だと言えます。そういう場合に使ってみたいサービスがあります。それは、薬剤師専用の転職エージェント。

 

エージェントが抱える案件は、コーディネーターが薬局やドラッグストア・企業などときちんとヒアリングした信頼のおける求人情報がほとんど。

 

しかもエージェントに会員登録すれば、エージェントの求人情報の中からコンサルタントが自分にあった求人を紹介してくれます。こういったサービスをうまく使って、転職を成功させてください。



東京の薬剤師求人サイトランキング!まずはここに登録してみよう!

マイナビ薬剤師

URL:http://pharma.mynavi.jp/ ※利用者の94%がサービスに満足




ヤクステ

URL:http://www.yakuzaishisyusyoku.net/ ※1年以内の離職率が1%未満




ヤクジョブ

URL:http://yaku-job.com/ ※業界最多級27,000件以上の求人