八王子市の薬剤師求人

八王子市の薬剤師さんの求人最新情報

東京のベッドタウン、八王子市。1960年後半より国内有数の学園都市として整備され、人口も学生である若年層が多いのが特徴です。ここには薬学部を備える大学もあり、未来の薬剤師の卵たちが一生懸命薬学を学んでいることでしょう。

 

しかも新宿までJRで30分ほどの場所でありながら、人口密度が低い都市というのも魅力です。若い人が多いだけに、八王子市が推進する温暖化対策『はちおうじ省エネ国事業』のテーマソングに人気キャラクター・初音ミクのボーカルを使った事をご存知の方も多いと思います。

 

しかし若者の多い都市とはいえ、人口約55万人のうち高齢者が占める割合は18%を超えており、健康や福祉に関する行政はどうなっているのか気になるところです。

 

さすが東京のベッドタウン八王子、健康・福祉・医療施設の充実ぶりは目を見張るものがあります。

 

約55万人の人口に対して病院の数は43、東京都指定二次救急医療機関が10病院もあるのです。人口が多いのに二次救急医療機関が少ないところから見ればなんともうらやましい話です。しかも八王子市が東京医科大学を誘致して開設された『東京医科大学八王子医療センター』には、診察科目が27科あり、ヘリポートを設置して第三次救命救急センターの機能も担っています。

 

また、同じく市が誘致した東海大学の付属病院も診察科目が26科と、行政側がかなり医療機関充実の重要性を認識しているようです。

 

八王子市の医療や健康に関する事業の推進ぶりをみると、薬剤師にとっても仕事を探しやすい土地と言えます。実際に薬剤師の求人数は、東京都内の他の市と比べるとかなり多いのです。

 

八王子市の薬剤師の求人だと調剤薬局の求人もありますが、なんと言っても病院勤務の求人の数です。東京都指定二次救急医療機関の数が多いのですから当然なのですが、救急医療機関という事は薬剤師にもタフな要素が求められます。例えば救命救急センターで働く薬剤師。最近では救急治療の薬治療法が行われることもあり、薬剤師がチーム医療に参加するのです。

 

また、2011年に制定された『救急認定薬剤師』を目指したい人は、薬剤師の実務が五年・救急治療の経験が二年以上なければ受験資格が無いため、給与や待遇よりも将来のスキルのために病院勤務という選択になるわけです。将来のために病院勤務でスキルアップしたい、あるいは受験資格を得るために条件を満たした職場に勤務したいということだってあるでしょう。目的があればこそ、頑張れることもあります。

 

しかし、どんな職場でどんなスキルが身につけられるのか?薬剤師の求人を自分ひとりでひとつずつつぶさに見ていくのは、かなりの苦労です。そんな時、頼りになるサービスがあります。薬剤師専門の転職エージェントです。

 

コンサルタントが転職をサポートしてくれ、しかも利用料は無料ですから、使わない手はありませんよね?



東京の薬剤師求人サイトランキング!まずはここに登録してみよう!

マイナビ薬剤師

URL:http://pharma.mynavi.jp/ ※利用者の94%がサービスに満足




ヤクステ

URL:http://www.yakuzaishisyusyoku.net/ ※1年以内の離職率が1%未満




ヤクジョブ

URL:http://yaku-job.com/ ※業界最多級27,000件以上の求人