板橋区の薬剤師求人

板橋区の薬剤師さんの求人最新情報

板橋区には町工場が多く操業しており、日本の技術の源・ものづくりの街として知られていますね。区全域が市街地となっており、ここには約535千人の人たちが生活しています。

 

これだけの人口がいるわけですから、その中には「この街で、薬剤師として働きたい!」という方もいるでしょう。現在、板橋区で薬剤師をとりまく就職状況はどうなっているのでしょうか?

 

板橋区には販売小売業・日用雑貨品を扱う事業が多く、そういう事情からか他の地区よりOTC販売の求人を見かけます。ひとくちにドラッグストアといっても、スーパーのように日配品やお菓子・お酒を販売する店、コスメヤサプリを揃えるお店、病院の処方箋を受け付ける調剤を併設している店など、店舗の特徴はさまざまです。

 

販売を業務に含む以上、商品出しやレジ打ちをする場合もあり得ますが、薬剤師なのですから仕事の中心はやはりOTC販売でしょう。

 

お客さんの薬に関する疑問に答え、お客さんの要望を聞きながら症状に最適な医薬品を薦めます。ただし、症状によってはお客さんの要望の異となる医薬品を薦めなければならない事態にも遭遇します。ここは薬剤師として大きく責任を負わなければなりませんが、逆に大きなやり甲斐にも繋がります。

 

そして店長の役職がついた薬剤師は、スタッフのシフト管理から新人の採用・売り上げ管理などの経営に関する業務も必須となります。このような経験は調剤薬局に勤務する薬剤師にはまず無いことなので、コミュニケーション術から経営まで、様々な業務に関わることが得意な人にはやり甲斐のある職場になるはずです。

 

最近はセルフケアの重要性・関心が高まり、直接患者さんやお客さんと会話が出来るドラッグストアに転職したいという薬剤師が増えているそうです。ドラッグストアも大手のチェーン店などでは研修制度が整っており、製薬企業やコスメメーカーで薬剤師をしていた人が次に働きたい職場として人気なのだそうです。

 

どんな職種にも言えると思いますが、人気の求人案件は早く押さえておかないと、ライバルが増えてしまっては転職活動に苦労することになってしまいます。

 

自分の希望を適える転職をしたい場合、求人情報をうまくキャッチ出来ることが成功への近道です。しかし板橋区は、調整薬局も合わせて求人数の多い地区ですから、自分ひとりでこつこつと探していては、見つけた頃にはもう採用者が決まっていたなんてショックな事もあり得そうです。

 

そんな事にならないよう、ぜひ使って欲しいサービスがあります。それは、薬剤師専用の転職エージェントです。会員登録して転職に関する条件を登録しておけば、コンサルタントが自分に合った求人を紹介してくれます。しかも登録・利用は無料ですから、情報合戦に乗り遅れないでくださいね。



東京の薬剤師求人サイトランキング!まずはここに登録してみよう!

マイナビ薬剤師

URL:http://pharma.mynavi.jp/ ※利用者の94%がサービスに満足




ヤクステ

URL:http://www.yakuzaishisyusyoku.net/ ※1年以内の離職率が1%未満




ヤクジョブ

URL:http://yaku-job.com/ ※業界最多級27,000件以上の求人