町田市の薬剤師求人

町田市の薬剤師さんの求人最新情報

町田市は人口が約425千人で、東京都内の市町村では人口が八王子市に次いで2番目に多い商業都市です。1960年以降、東京のベッドタウンとして発展を遂げてきましたが、バブル期以降私立大学の転入が進み、一貫教育の学校が市内に増えました。

 

町田駅周辺の繁華街は若い人が集まる中心商業地として発展しています。しかし、中心地の町田駅から1〜2キロ離れただけで農地が見られ、タヌキなどの野生動物が見られる田園都市でもあります。

 

都会的な商業都市、のんびりとした田園都市、両極端な顔を併せ持つ町田市ですが、この街で薬剤師としての仕事を探す事は出来るのでしょうか。
町田市の場合、大型病院の数も人口に対して数があり、医療に携わる職種に就くことは十分可能と言えます。

 

薬剤師の転職先として求人の数が多いのは調剤薬局での勤務ですが、さすが商業都市、OTC販売の求人案件も探すことが出来ます。

 

実際にあなたが転職活動をする場合、その動機は何ですか?ある人材バンクの調査だと、少し前までは圧倒的に「収入アップ」だったのですが、現在は「スキルや経験・能力を高めたい」が増えているのだそうです。それだけ薬剤師を取り巻く現状が変わりつつあるという事です。

 

6年制薬剤師が卒業を迎え社会に出てくることや、調剤報酬が減少していることなど、安易に収入アップを求めることが難しくなっているからかもしれません。ある人材サイトのコラムで、一人の薬剤師が人材登録に来た際にサービス利用の理由を尋ねたら、「現在の給与水準を保てる売り上げが確保できないので、他で働いて欲しいとリストラされた」そうなのです。

 

自分に有意義な転職を考えた場合、薬剤師飽和状態になると言われる将来に備え、どこからも必要とされる能力を身につけたほうがいいという判断は正しいと言わざるを得ません。

 

転職する理由が明確に出来たら次は実際に求人を探すわけですが、あなたはどのようにして薬剤師の求人を見つけますか?これはある薬剤師のポータルサイトの分析なのですが、ネットを利用する人の9割以上が、転職活動にはインターネットを利用します。

 

しかし求人を出す側が、あまりインターネットを活用していないというギャップが存在するそうです。
求人サイトで案件を探すだけでは、自分の希望に合った求人を見つけるのは難しいですし、万が一あったとしても応募者が多くて競争が激しく、なかなか転職がうまくいかない、なんてことも有り得ます。

 

そんな時は、薬剤師専門の転職エージェントに相談してみましょう。通常の求人媒体では公開されていない案件を持ち、コンサルタントが自分の希望にあった求人を探して紹介してくれるのです。しかも大半のエージェントは無料で利用出来ますから、こんなに便利なサービスを使わなくては損ですね。



東京の薬剤師求人サイトランキング!まずはここに登録してみよう!

マイナビ薬剤師

URL:http://pharma.mynavi.jp/ ※利用者の94%がサービスに満足




ヤクステ

URL:http://www.yakuzaishisyusyoku.net/ ※1年以内の離職率が1%未満




ヤクジョブ

URL:http://yaku-job.com/ ※業界最多級27,000件以上の求人