練馬区の薬剤師求人

練馬区の薬剤師さんの求人最新情報

薬剤師は就職難とは無縁の職業と言われてきましたが、ここ最近は薬剤師を取り巻く環境が厳しくなり、そうとばかりは言っていられなくなりました。

 

その要因は、薬学部の新設で今後薬剤師の数が飽和状態になることが予想されるのと、登録販売者制度導入により、第二医薬品までは薬剤師を配置しなくても販売出来るようになったため、ドラッグストアなどでの就職数が減少するという事です。

 

そして練馬区でお仕事を探している薬剤師の方にはもっと厳しい現実が存在します。実は練馬区は、人口に対して病院数が少ないのです。練馬区は人口約715000人ですが、病院数は19(個人のクリニックなどは含まず)、これが足立区であれば人口は約684000人でも病院数は47と大きな開きがあります。

 

病院が少なければ処方箋を扱う調剤薬局の数も少ないわけですから、職場探しに難儀することは想像がつくと思います。

 

「でも、求人サイト検索したら、求人数はそこそこあったよ?」と言われる方、ここは要注意です。同じ100件の求人があったとしても、その内容には差があります。例えば世田谷区で求人を探した場合、よほど自分が別の待遇を希望しなければ、殆どは正社員待遇の求人です。

 

しかし練馬区の場合、世田谷区の求人ではほとんどなかった「契約社員・派遣社員」での待遇が多いのです。しかもパート求人の数は正社員求人の半分ほどで、子育てをしながらでも働きたいと言う女性薬剤師の希望を叶えるのは簡単とは言えません。

 

しかも、現在の薬剤師大量採用の代表とも言えるドラッグストアの求人も案件は少なく、病院や企業の求人は本当にごくわずかです。待遇の良い企業などの職場は離職率が低いわけですから、後釜を狙ってもこういったところからはなかなか求人が出て来ません。

 

だからと言って、他所で求人を探す事が出来ない方もいるでしょう。家庭の事情など、地元を離れることが出来ない方もいるでしょう。そんな場合、薬剤師としての職は諦めなくてはならないのでしょうか?

 

そんなことはありません。今までお話してきた事は、あくまでも一般論です。確かに数は少ないかもしれませんが、求人自体は存在します。いかに自分の希望に適う求人を見つけるか、ここが一番重要なのです。

 

就職・転職希望者が増える前に、急いで手を打たなくてはなりません。手を打つといっても、闇雲に求人に応募するのでは意味がありません。万が一採用が決まったとしても、自分の希望通りの職場に就職できなかった時、後々後悔の念に苦しい思いをすることになります。

 

そんなことにならないよう、薬剤師の仕事探しには薬剤師専門の転職エージェントを利用するのが賢い方法です。自分の希望を伝えておけばコーディネーターが条件にあった案件をいくつか紹介してくれますから、その中で自分が気に入ったところに面接するなどして職場を決定すればいいのです。



東京の薬剤師求人サイトランキング!まずはここに登録してみよう!

マイナビ薬剤師

URL:http://pharma.mynavi.jp/ ※利用者の94%がサービスに満足




ヤクステ

URL:http://www.yakuzaishisyusyoku.net/ ※1年以内の離職率が1%未満




ヤクジョブ

URL:http://yaku-job.com/ ※業界最多級27,000件以上の求人